VOICE 社員メッセージ

大谷津 元気

OOYATSU GENKI
注文住宅事業部  2014年入社

大切なのは相手を深く「知る」こと。“自分都合”だったと気付いた瞬間からの変化

入社してから、建築会社さん(お取引先)の気持ちが、目に見えて離れていくことを実感することがありました。
それは、課題を解決するためではなく、自分都合のただの押し売りを行っていたことにあると当時のマネージャーとの会話で気づかされました。その瞬間「自分は今まで何をしていたんだろう?」と感じました。「自分都合」だった視点から、建築会社さん(クライアント)が困っていることはなんだろう?家を建てたい人(カスタマー)が求めているものはなんだろう?を軸に考えるようにしました。
建築会社さんから「うちのことを一番知っているのは大谷津だ」と言ってもらえ、結果お取引を拡大して頂けたのです。
そんな時RKMには、何もできない僕に対して、事業部が異なっても、気にかけてくれる方がたくさんいました。
今度は自分がもっともっと人から感謝される人になるため、今自分が関わる人だけに限らず、色んな方と会話をして、接点量を増やし、「知る」を増やしたいと考えています。

PAGE TOP