VOICE 社員メッセージ

佐林 太郎

SABAYASHI TAROU
注文住宅事業部 事業部長 2004年4月入社

住宅の事業を通し、家族の【幸せ】なシーンを。もっと。

情報誌やSUUMOというサイトのメディアを使って家を建てたいカスタマーへ建設会社様(クライアント)をご紹介する仕事をしています。
今まで色々壁にはぶち当たってきましたけど、その中でも特に印象的だったのが2011年の3月の東日本大震災の時でした。
情報誌の発行ができなくなり、その時に自分たちの仕事って誰のどんな役に立っているんだろうなっていうのをすごい考えさせられた時期があって…。
この先、僕たちってどんな仕事をしていけばいいんだろうかっていうのを悶々と悩んだ時期がありました。
ですけど、会社として本を出そうという事になり、まだ震災の影響は大きく、町は瓦礫だらけで、建設会社様・工務店様も家が半壊倒壊してしまったお客様達の対応に追われていたんです。
その中で本を出すという事が僕たちにとってどんな正義とういか意義があるのかという事をすごく考えさせられました。
今この時期に僕たち何すればいいんだろう…。
仲間と考えながら話し合いながら、やるべきことを決めながら乗り越えていけたなっていうのがとても印象的な出来事でした。
僕がこのRKMで好きなところは人と組織です。それはやっぱりほかの会社よりも自慢できると思っています。皆それぞれが責任感があり、努力家で成長意欲もあって。
チャレンジしたいというメンバーに対して背中を押してくれたり支援してくれたりして。支え合いながら助け合いながら困った人がいたら手を差し伸べてあげるっていうそういった組織風土がとてもRKMの大好きなところです。
これからの目標は、注文住宅という事業を通して幸せな家づくりをできる人たちをもっともっと増やしていきたいなと思っています。
家っていうのは一番家族として過ごす時間の長い場所だと思っていて、子供が大きくなる家庭の出来事だったりいろんな思い出だったりそういったものをこの事業を通して色んなシーンを作っていけると素敵だなと思っています。

PAGE TOP